Okazaki Arisa

arisa Okazaki

Arisa Okazaki, born 1983 in Nagasaki, explores all the techniques of ink painting since her childhood. She studied of course the sumi-e tradition, an exacting discipline that forbids retouching and fixing and where each brush stroke is absolute, final.

She is also interested in the Western aesthetics, especially abstract art, in which she often finds inspiration. Going beyond traditional techniques, she develops a modern style and doesn't hesitate to mix Japanese ink with acrylic paint. Through ink, she endeavours to describe complexe human emotions and some aspects of women's condition in Japan. 

Arisa Okazaki takes part in numerous group exhibitions around Japan every year, and has developed a solid collector base in the country. 

Arisa Okazaki
"G Clef". Ink on acrylic on washi, 180 cm x 80 cm, 2016
Arisa Okazaki
Arisa Okazaki
Arisa Okazaki
Arisa Okazaki
Arisa Okazaki

岡崎亜李沙は、長崎県の佐世保市出身。
14歳の時、ロンドンに住む叔父・奥村健治(アコースティック・ギター製作家)の元を単身で訪れる。彼のパートナーだったイギリス人女性の画家に絵画の基礎を学んだ岡崎は、ロンドンに溢れるあらゆる美術展に赴く。ダイナミックな抽象画に感銘を受け、絵画に対する強い関心をさらに深めた。ロンドンでは、洋画のみならず、浮世絵展や水墨画展が開催されていた。作品の素晴らしさはもとより、日本の作品に対する世界の高い評価に衝撃を受けた。
それ以来岡崎は、日本文化が育んで来た”墨絵”とヨーロッパ文化でもある”抽象画”とを組み合わせ、新しいスタイルを追求している。岡崎の作品は、”書”ではなく、”デッサン”を基としており、日本の伝統的な墨絵や美人画等とは異なる。
岡崎の作品は女性を主題としたものが多い一方、秘められた人間の内なる感情、悲しみや苦しみを表現しているもの多数ある。世界が苦しみから解放されることを切に願いながら制作を行っている。
現在、岡崎は日本の佐世保を拠点に個展やグループ展など国内外で精力的に活動を続けている。