Hickman Laura

Hickman Laura

portraitEstablished British Fine Artist, described as cutting edge and contemporary, Laura Hickman’s commissions have included private collectors and public organizations such as Birmingham Conservation Trust. She has exhibited throughout England, including Fresh Air, Quenington attracting over 13,500 visitors, Shugborough House, World of Wedgewood, two solo exhibitions at Bantock House and Mount Pleasant Gardens Sculpture Trail. Laura is member of the board of trustees representing women and visual arts at Newhampton Arts Centre. Most recent public art includes RHS Tatton Flower Show, large sculpture installation and Wolves In Wolves Public Art Trail. A solo exhibition at Nuneaton Art Gallery and further public art at RHS Tatton Flower Show are scheduled amongst other venues in the near future.

Laura has project managed and been lead artist on numerous Arts For Health projects, mainly for NHS departments, including Jo’s Cancer Trust award winning Life is Precious Cancer Awareness Art Project.

From large scale sculpture to smaller miniature pieces, abstract painting, photograms and cyanotypes, her work is varied yet carries a strong sense of composition and detail throughout. Many of her pieces are almost ethereal yet modern and unique.

Simplicity, minimalism and movement are evident throughout her work including recent ink paintings that have Japanese Art references to them yet are modern and abstract. The inks flow through Laura’s hands in a deliberate yet meditative and intuitive fashion, creating striking linear pieces that carry the eye through the work, where the more they are looked at the more the viewer can see. Embellished with gold leaf Hickman’s luxury modern pieces are sought after and have featured in an exhibition at The Williamson Gallery, Wirral, Tettenhall Art Gallery and Lighthouse Media Centre, England.

Unafraid to explore, experiment and push boundaries, Laura Hickman creates her bespoke collections. Commissions and enquiries are welcomed.

Instagram: www.instagram.com/laurahickmanart

Facebook: www.facebook.com/laurahickmanartist

Twitter: twitter.com/laurahickmanart

Selected works

著名な英国人芸術家であるローラ・ヒックマンは、最先端の現代アーティストである。彼女は、個人のコレクターから、バーミンガム自然保護財団といった公的団体まで、幅広い顧客を持つ。英国各地で展覧会を開催しており、Queningtonにおけるアート・ショウ「Fresh Air」では、13,500人の観客を魅了した。Bantock HouseおよびMount Pleasant Gardens Sculpture Trailにてそれぞれ個展を開催した他、Shugborough Houseやウェッジウッド・ビジター・センターでも展示を行っている。また、ニューハンプトン・アート・センターでは、女性と美術家を代表する立場で理事を務めている。パブリックアートとして最近のものは、RHS Tatton Flower Show(RHSフラワー・ショウ)での大きな彫刻のインスタレーションと、Wolves in Wolves Public Art Trail(Wolves in Wolvesパブリックアート・ショウ)での展示である。今後は、Nuneaton Art Galleryで個展を開催する予定であり、RHS Tatton Flower Showで公開したパブリックアートは、近い将来、場所を移して展示する予定である。

ローラは、NHSをはじめとする多数のArts For Health(健康のためのアート)企画を牽引しており、特に、健康促進運動の一環であるLife is Preciousプロジェクトにおいて行ったCancer Awareness Art Project(ガン啓発アート・プロジェクト)は、Jo’s Cancer Trust(ジョーのガン財団)から賞を授かるなどの功績を上げている。

大規模な彫刻から、細密画、抽象画、フォトグラム、そしてサイアノタイプまで、彼女の作品は多岐にわたるが、全てにおいて構図に対する鋭いセンスと緻密さが際立っている。彼女の作品の多くは、神秘的な貴さに満ちていながら、同時に現代的であり、抽象的でもある。

「シンプル」「ミニマリズム」そして「変動」は、彼女の作品を表すキーワードであるが、近年のインクによる絵画もその流れを汲んでいる。それらは日本のアートから影響を受けているが、現代的な抽象画である。計算されたインクの流れには、瞑想的かつ直感的な閃きがあり、線状のインクが織りなす美しい作品を形造っている。見れば見るほど、観覧者は多くのものを作品の中に見つけることができるだろう。金箔を使用した彼女の豪華な現代作品は、英国のThe Williamson Gallery、Wirral, Tettenhall Art Gallery、そしてLighthouse Media Centreで展示されている。

冒険と実験を恐れず、境界を押しのけながら、ローラ・ヒックマンは絶えず人々に語りかける作品を制作している。