Lai Jun Jun

Lai Jun Jun

Born in Taipei, 1953, she graduated from Fine Arts Department of Chinese Culture University, 1974, pursued and acquired her master degree in graphical design at Tama Art University, Tokyo, 1978. Lai was consecutively awarded with “Modern Sculpture Exhibition” and “Contemporary Trends in Chinese Art Exhibition” held by Taipei Fine Arts Museum. By 1986, Lai established Studio of Contemporary Arts (SOCA), which is the earliest pioneer of alternative space in Taiwan, and promoted artistic expression of installation and experimentalism. As an Artist-in-Residence, Lai has visited and stayed in places such as New York, San Francisco, Switzerland, France, and Australia. At present, it is Taipei and Doulan, Taitung, where she mostly resides and creates her works.

Between 1977 and 1982, Lai’s primary form of expression was abstract painting. This is the same period of time when she discovered issues of spatial level derived at the turning edge of canvas. Such caused her to explore the possibility at the frontier of painting, via array of planes in one color respectively, and experiment in geometric sculpture and colors, from 1982 to 1984. Affected by Lin Show-Yu in 1985, Lai started to work under the theme of “existence and transformation,” applying transparent acrylics, wood, and pigments as media as to explore on the concepts such as Minimalism, structure, and material. Ever since the late 1980s, Lai has shifted her focus back onto natural material such as wood, stone, and soil, with which she inspected the local humanity characteristics in Taiwan, looking for sources for her creativity to nourish on, and self-examining within her inner existence. This is the period when she created a series of works with “heart” as their mutual theme: Heart Chamber, Heart Vehicle, Heart Vessel, Heart Field, Heart Field II, Heart Fire, Heart Water, and Heart Aphrodisiac.

From late 1990s, Lai devoted herself into the work of public art. Constantly set foot on every corner of this island, Lai became to have in-depth understanding of the motherland where she stood. Around 2000, Lai combined fluidness of her developed material with the transparency and glamorousness of acrylic, transforming the special media as a platform conveying artistic expression of her own. With the Youth Wonderland series, Lai expressed her feelings toward the homeland, while it is beyond obvious that by the name of the series, it refers to how wonderfully beautiful this island is, and how wonderfully pleasant the people on it behave with one another. Within the series, Lai has developed her own point of view on marine aesthetic, exposing her unique angle of inspection upon the island.

Over the years, Lai has been exceptionally sensitive toward space and environment. From a rising young artist successively officially awarded in the 1980s, to a practitioner who explored Taiwan and her inner existence in the 1990s, Lai achieves another peak of her artistic career with her delicate female perspective, innovative artistic language, and more importantly, her vigorous character. Hence Lai’s lifelong creation process has also become an important miniature as to study the historical development of art in Taiwan.

Website: www.juntlai.com

Instagram: https://www.instagram.com/juntlai/

Facebook: https://www.facebook.com/junartstudio

Selected Works

 

1953年、賴純純は台北に生まれた。1974年に中國文化大學美術科卒業、1978年に日本の東京多摩美術大学大学院デジタルデザインコースにて修士号を修得。賴は台北市立美術館主催の「現代彫刻展」および「現代美術新展望」にて連続的に賞を受賞している。1986年に「現代藝術工作室」(SOCA)を設立、同施設はインスタレーションと実験主義の芸術表現を振興する場として、台湾でのパイオニア的地位を築いた。賴は、アーティスト・イン・レジデンスにおいて、ニューヨーク、サンフランシスコ、スイス、フランス、オーストラリア等で活動、現在は台北と台東を行き来しながら創作を行なっている。

1977年から1982年にかけて、賴の主要な創作形式は抽象画であった。同時期に彼女はカンヴァスという空間の限界を感じていた。彼女はその葛藤の中に、新たな可能性を見出そうと試行錯誤を繰り返した。1982年から1984年にかけて、単色を塗り並べる試みを行なったり、幾何学的な彫刻と色の研究を続けた。

林壽宇の影響を受け、賴は1985年から「存在と変化」というテーマに取り組み始める。透明のアクリル絵具、木材、顔料を素材に用い、ミニマリズムや構成、材質について探求した。1980年代後半からは、木材、石、土などの自然素材に回帰し、彼女の創作の源と彼女の内面を探求しながら、台湾の風土や人情を観察した。この時期に彼女は「ハート」シリーズを創作している。同シリーズは、ハートの部屋、ハートの車、ハートの船、ハートのフィールド、ハートのフィールド2、ハートの炎、ハートの水、そしてハートの媚薬という様々なテーマについて創作された。

1990年代後半から、賴はパブリックアートに情熱を注いでいる。台湾中の土地を訪ね、賴は台湾を深く理解するようになっていた。2000年前後からは、彼女の柔軟性と透明でグラマラスなアクリル素材を組み合わせ、賴独自のアートを表現するプラットフォームとして使用している。Youth Wonderland」シリーズにおいて、賴は台湾に対する思いを表現している。タイトルが物語る通り、台湾という島がいかに美しいか、そして人情に溢れる魅力的な人々が住んでいるかを伝える作品である。同シリーズは、海洋の美への彼女の見方をより進化させ、台湾という島を彼女独自の視線で見つめたもとなっている。

賴は常に空間と環境に非常に敏感であった。新進芸術家として多数の賞を受賞した1980年代、そしてアーティストとして地位を確立した1990年代には、彼女は台湾と自分自身を探求した。そして、賴は女性としての繊細な視点、革新的な美術言語を駆使し、今アーティストとしてのキャリアの頂上にある。何より忘れてはならないのは彼女の活発な人柄である。賴の生涯にわたる創作の過程は、台湾のアートの歴史的進化を研究する上で重要なミニチュアとも言える。